PSO2アートワーク

ワイヤーだけ残してレタッチと効果とか補正でほとんど塗りつぶした感じ。これも過去のSSをリメイクしたもの。 いわゆるゲームのスクリーンショットを加工するということは。ひいてはSSを撮るということは、ゲームに世界観とかキャラクター表現がある以上、純粋な演出や思い入れ、あとは自作したキャラクターの作者がイメージする裏付けや個性そのものとか、価値観を表現する方法として容易だし、要するにそれ自体がアートワークなんだと思う。最近スパイダーマンのSSが注目されてたけど、単に元来ひとは美しく精妙なものを放っておけない性質なだけであって、PSO2のSSを趣味とする者として、いわゆる同ジャンルのサブカルチャーで同じサブカルアートをたしなむ者としては、PSO2のそれは非難されがちなところはあるけれども、本質的には同じであるのだと。それらがアートとして認められるまで、たぶん、そうあまり時間はかからなそうとは思う。 PSO2アートワーク

コメントを残す